創造性をインスパイアするとは

創造性をインスパイアするとは

仕事を効率的にする為に既に始まっているAI(人工知能)による自動化によって、20年後には現在ある仕事の47%もがAIに奪われてしまうという衝撃的な内容がAIの研究に力を入れているイギリスの名門オックスフォード大学に所属する研究チームによって発表されました。

ではAI時代の中、どのような人材が生き残っていくのか?それは「創造力」を持った人材と言われています。IBMが最高経営責任者CEOを対象に行った意識調査では、60%がAI時代において「創造力」が最も重要なスキルだと答えています。

First Reachオリジナルブランド「Shakhnoza」のコンセプトにも「創造性をインスパイアするデザイン」を掲げていますが

「創造性」とは

他の人にはない発想ができ、そして新しく物事を創り出すことです。つまり、その生み出したアイデアによって問題が解決したり、明るみになっていないトラブルなどを事前に発見ができたりといった、AIにはできないことを可能とします。

この記事では、既に到来しているAI時代に備えて「創造性」を高める為に必要な習慣について考察していきたいと思います。

これであなたもAIにはできない「創造性」を持った人の仲間入りです。

外に出かける

外にでかける

外に出かけて「遊ぶ」ことには、ストレスレベルを引き下げ、楽観的になり、モチベーションを高め、全体的な集中力を上げる効果があります。というのもスタンフォード大学の最近の研究によると、屋外で体を動かした後に創造性が著しく高まることが判明しています。

さらにGoogleの従業員は勤務時間中のビーチバレーやボーリング等の遊びを奨励されています。これも楽しんでいる時に脳の創造性を司る部分が活発に活動することが立証されている為です。

同様の理由から、マーク・ザッカーバーグやジャック・ドーシーなどの経営者たちはウォーキングを定期的に行っていると言います。朝ジョギングしたり、デスクから離れてランチを取ったりすることで、自分の中のたぐいまれな「創造性」を刺激しているのです。

創造性を高めると言われている外出の際、せっかくならワクワクした気持ちになりたくありませんか?

イメージしてみて下さい。素材やクオリティの高さを重視し、製法やパーツ、機能性にこだわりを持つ贅沢なプロダクトが外出のお供であったらワクワクすると思いませんか?

そんな理想的なプロダクツがFirst Reachオリジナルブランド「Shakhnoza」シリーズです。

既成概念にとらわれない

既成概念にとらわれない

皆さん何か新しいやり方や物ごとを自分の力で生み出そうと思った時、その足かせになるのが先入観や既成概念ではないでしょうか。たとえば、自分の担当している仕事のやり方を変えてみようかと考えたとしましょう。

その際、これまでやってきた仕事のやり方にとらわれてしまい、「この仕事はこうやるものだ」という先入観を持ち続けたままでは、新しい方法を生み出すことはできません。既成概念にとらわれている限り、現状を変えることはできないのです。

実際、先輩や上司に言われた通りの仕事のやり方を、何年たっても変えずに続ける人がいますが、そういう人は定められた思考の枠から逃れることができないのです。(このような仕事は真っ先にAIによって置き換えられていくでしょう。)

「創造性」豊かな人は違います。

一つの仕事をやりながら、「もっとちがうやり方はないだろうか」と思った時、これまでのやり方を一度ゼロベースで見直すところからスタートします。ゼロベースにするのですから、そこに先入観や既成概念の入る余地はありません。

最初から独自に思考をスタートするため、自分の力で新しい方法を生み出すことができるということになるでしょう。先入観や既成概念にとらわれたり、決まった思考の枠に縛られることがないというのが、創造性豊かな人の特徴なのです。

クロコダイル革業界でも当たり前になってるクロコダイル革を最も美しく見せるのは長財布という考え方が通念になっており、たしかに一理あると思います。

しかし、First Reachオリジナルブランド「Shakhnoza」シリーズでは、クレジットカードや電子決済などキャッシュレス決済が広く普及し、現金を多く持ち歩く必要がなくなった現代に合わせ、必要なものだけをSmartに収納するデザインを追求しています。
 

人と違うことを気にしない

人と違うことを気にしない

まずはマイクロソフトの創業者のひとり・ビル・ゲイツ氏や、アップルの生みの親であるスティーブ・ジョブズ氏など世界中の著名人によるさまざまな講演会を開催・配信している非営利団体TED(Technology Entertainment Design)で公演された内容(2分59秒間)をご覧ください。

「創造力」が豊かな人は、人と違うことを気にしないのが特徴だと言えます。「考え方が変わっている」、「他の人と感覚が違う」といわれても気にしません。それどころか、人と違うからこそ自分が新たなものを生み出せるのだと信じることで新たなムーヴメントを生み出すことを可能とします。

人と違うことを否定的に捉えずに、良いことだと捉えているのです。そんな考え方だからこそ、誰もが思いつかないような創造力を生み出せるのです。人と違う自分だからこそ、自分なのだと思っています。

生物の進化においても今までのDNAと違う「遺伝子突然変異」が、新しい環境に沿うように発生することから変異が生じるものだと言われています。つまり、進化とは「普通」でないものが、新しい世界を創造しているのです。

AI時代においても同様で、新たなことを創出することが新たな時代を生き抜くために必要なスキルであり、まずは人と違うことを気にしない、むしろ人と違うからこそ自分が新たなものを生み出せるのだと信じることが大切だと言えます。

First Reachオリジナルブランド「Shakhnoza」シリーズは、今までの既成概念に捉われずに新しい時代であるキャッシュレス社会に向けた全く新しいデザインを追求しています。

【Shakhnozaシリーズ一覧】https://first-reach.com/collections/crocodile-leather-minimalism

コメントを残す

x