非エシカル?エキゾチックレザーにまつわる社会的通念

非エシカル?エキゾチックレザーにまつわる社会的通念

みなさんはエキゾチックレザーと聞くと、どんなことを思い浮かべるでしょうか?

「倫理(エシカル)的によくない。」
「非人道的で動物を搾取している。」
といった考えを持つ人もいるかもしれません。

しかし実際には、正確でない社会的通念が世に出回っていることも事実です。そこで今回は、特にエキゾチックレザーに関する摩訶不思議な迷信についてご紹介したいと思います。
 

 Contents

不当に動物が扱われている

不当に動物が扱われている

エキゾチックレザー産業は、非人道的に動物を扱っていると世間から言われることがあります。しかしこれは、事実とはほど遠い荒唐無稽な情報です。

実際、グローバル規模の厳格な規制に従って、全動物の皮革は取引されています。全世界の動物の養殖ファームは、非常に厳しいガイドラインに従って、養殖、そして革製品へと加工しなければいけません。

たとえグローバルに非人道的な行いに対する法律がなかったとしても、タイの動物革産業では、タイ政府機関が発行する動物虐待防止法 (CRUELTY PREVENTION AND WELFARE OF ANIMAL ACT) があります。

この動物虐待防止法によれば、タイの動物ファームは以下のことを厳守しなければなりません。

1. 安全な環境で動物を養殖すること(Section 3)

もし劣悪な環境で養殖していれば、革製品の品質にも影響してくるので、飼育ファームもそれは望みません。

2. 適確な動物の飼育管理をすること(Section 3)

養殖されている動物は、しっかりと食の管理がなされ、病気にならないよう健康を維持されなければなりません。

不健康な動物は、皮革の品質に悪影響を与えますから、しっかりとした飼育ファームでは厳重に守られています。(First Reachが扱う商品は、タイ王室御用達クロコダイルファームの革を使用しています。)

3. 不必要な搾取をしない(Section 21)

First Reachがパートナー提携するSriracha Farm Thailandでは、クロコダイルを革製品だけでなく、食肉としても販売しております。

このように、タイ政府が主導する倫理観に基づいた動物虐待防止法によって、革製品が作られております。このルールに従うことによって、動物を飼育するファームも品質の高い最終製品を作ることができます。

したがって、動物を不当に扱うメリットは、ファームにとって皆無と言えるわけです。

エキゾチックレザーの消費は絶滅危惧種の増加に加担している

エキゾチックレザーの消費は絶滅危惧種の増加に加担している

日本でも人気のクロコダイルレザーですが、これらのクロコダイル種の個体数はしっかりと保たれています。というのも、先述したようにグローバル規模で動物を保護するガイドラインが定められているからです。

それに加えて、絶滅にひんしている種は、ワシントン条約 (Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora (絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)) によって、各国での輸出入が制限、もしくは禁止されています。

輸出入が制限されている商品というのは、主に養殖施設において人工繁殖を目的で育てられた種であり、輸出国のワシントン条約に係る管理当局より、輸出の許可が出ているものです。

一方で、輸出入が禁止されている絶滅危惧種は、売買目的の取引が禁止されているので、そもそも市場に出回ることはありません。

したがって、消費者によるエキゾチックレザーの購入が、絶滅危惧種の増加に加担することは決してありません。

興味深いエピソード

エキゾチック種を養殖・販売するファームのおかげで、動物の絶滅を防いでいるという事例がアメリカにあるのでご紹介します。

1987年以前、この種は人間の乱獲によって絶滅危惧種に指定されました。しかし現在は、アメリカのアリゲーターファームの養殖による個体数の増加で、低危険種リストに改善されました。

アメリカでは、現在でもアリゲーター製品の需要が高く、需要と供給のバランスを保っているのが養殖ファームと言えるのです。

牛革製品とほとんど変わらない

牛革製品とほとんどかわらない

エキゾチックレザー製品について知らない人の中には、エキゾチックレザーが牛革とたいして変わらないという人がいます。しかし実際は、この違いは、例えるならばシルク製品とウール製品くらいの違いがあります。

クロコダイル革

Alligator/Crocodile Custom Motorcycle Seats

クロコダイル革は牛革の10倍以上も頑丈だと言われています。ですから、クロコダイルレザーは耐久性が必要とされるバイク関連の製品にも使用されます。

パイソン革

パイソン革は、牛革にはない美しい腑柄で多くの人を魅了します。

エイ革

エイ(別称:スティングレイ)革は、牛革と比較しても水への耐性が段違いにあります。このようにエキゾチックレザーは、牛革にはない個性的な特徴を持った革たちなのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?以上が、エキゾチックレザーに関する社会的通念に対する考察でした。

手前みそではありますが、First Reachが扱う商品は、タイ王室が認めるクロコダイルファームで、かつ厳格な管理下で飼育されているクロコダイルの革を使用しています。

その後、ワシントン条約に係るタイ管理当局が承認した後、商品がお客様へ届けられています。

ブログに戻る

コメントを残す