海外でクレジットカードを使って現金を引き出す方法キャッシング

海外でクレジットカードを使って現金を引き出す方法キャッシング

海外でもクレジットカードのキャッシング機能を利用して、ATMから現金を引き出せることはご存じでしょうか?

しかしキャッシングとは、クレジットカード発行会社から一時的にお金を借り入れることなので、利用する前にキャッシングについて理解しておくことが大切です。

そこで本記事ではキャッシングにおける基本情報、外貨両替との違い、引き出し方、メリット、注意点についてお伝えしていきたいと思います。
 

 Contents

  1. 海外キャッシングとは
  2. 海外キャッシングと外貨両替の違い
  3. 海外でのキャッシング方法
  4. 海外キャッシング利用時に注意すること
  5. 海外キャッシングに適したクレジットカード

1. 海外キャッシングとは

知らなきゃ損!海外キャッシングと外貨両替の違い|海外旅行者向け

海外キャッシングとは、クレジットカードのキャッシング機能を使ってATMやCD(キャッシュディスペンサー)から現地通貨を引き出すことができる便利なサービスです。

一方クレジットカード発行会社から一時的にお金を借り入れる為、返済までの金利(一般的に年率18%)が発生するということも認識しておかなければなりません。※ただし支払期日前に返済すれば利息を減らすことができます。

それに加えて海外でのATM利用料も220円(10,001円以上の引き出しの場合)がかかることも覚えておきましょう。

いずれにせよ海外で現地通貨の現金が必要になった時や、周辺に両替所が見つからないという時に備えて、海外キャッシングについて理解しておくことが大切です。
  

2. 海外キャッシングと外貨両替の違い

海外キャッシングと外貨両替の違い

海外キャッシングのメリット

 ATMからお金を引き出せる

基本的に世界各国の市街地には多くのATMが設置されているので、VISAやMasterCardなどの国際ブランドマークがついているATMで容易に外国通貨の引き出しが可能です。

国際ブランドのマークがない場合は、「PLUS」マークがVISA、「Cirrus」マークがJCBとMasterCardに対応していることを覚えておいてください。
 
 少額から利用できる

チップやタクシーの利用など海外でも少額の現金化が必要な場合があったりするものです。そんな時でもキャッシングでは、一万円以下の引き出しを行うことが出来ます。

 外貨両替より、お得になる場合もある

日本の空港内にある外貨両替所と比較すると、一般的にキャッシングにおける為替レートが良いと言われています。

さらに銀行や外貨両替専門店などの両替手数料と比べても、キャッシングのほうが、利息やATM手数料を含めても安く済むことがあります。

 24時間いつでも利用可能

基本的に海外のATMも24時間利用可能なので、緊急の時でもATMがあれば現金を引き出すことができます。
 

海外キャッシングのデメリット

 基本的にATM手数料がかかる

外貨両替にはないATM手数料が発生します。利用金額1万円以下の場合、110円(税込)/件。利用金額1万円超の場合、220円(税込)/件が一般的です。

 ATMによって、利用限度額が決まっている

クレジットカードのキャッシング利用額には限度額が設定されているので、事前に確認が必要です。また国によってATMから引き出せる限度額が異なってくるので、こちらについても事前確認が必要です。

例えば、タイのバンコク銀行ATMでは1回あたり紙幣25枚まで(25,000バーツ)といった規定があります。

 利用に利息がかかる

クレジットカード発行会社から一時的にお金を借り入れる為、返済までの金利(一般的に年率18%)が発生します。

例えば20,000円をキャッシングして30日後に返済する場合は、約296円の利息が発生します。計算式は以下の通りです。

20,000円 x 18% = 3,600円
3,600円 ÷ 365日 = 約9.86円/日
約9.86円/日 x 30日 = 利息約296円

【Tips】利息を最小限にする方法

しかし繰上げ返済を実施することで、利息を最小限に抑えることができます。繰上げ返済とは、返済日を待たずして返済を終えることです。

例えば先述した返済する30日後(利息約296円)よりも早くに返済するイメージです。15日後に返済することができれば、約148円(約9.86円/日 x 15日)の利息で済む計算になります。

一つ注意したいのが、キャッシングを利用した月の返済額が確定されるまで待たなくてはいけません。したがって、キャッシングを利用してすぐに繰上げ返済ができるというわけではありません。

毎月の返済額が確定する日については、各クレジットカード会社の規則を確認してみてください。

 

海外キャッシングが適している場合

 キャッシュレス決済で済ませたい場合

普段からキャッシュレス決済派の人は、海外キャッシングをオススメします。というのも旅行時も日本円の現金を持つ必要が無いので、キャッシュレススタイルを維持することができるでしょう。

万が一必要になった場合は、お持ちのクレジットカードで海外キャッシングしましょう。
 

 ATMが設置されている市街地に訪問する場合

渡航先の場所が比較的開発された観光地であれば、十中八九ATMがあるはずです。その場合はわざわざ渡航前から現地通貨への両替をする必要はないでしょう。

 関連記事 

3. 海外でのキャッシング方法

海外でのキャッシング方法

1. ATMのマークを確認する

VISAやMasterCardなどの国際ブランドマークがついているATMを探します。国際ブランドのマークがない場合は、「PLUS」マークがVISA、「Cirrus」マークがJCBとMasterCardに対応しているので、それらのマークが付いたATMをご利用ください。
 

2. クレジットカードを挿入する

ATMにクレジットカードを挿入しますが、その時のカードの向きにご注意ください。日本やタイではクレジットカードの表面を上にして挿入するタイプが一般的ですが、その他にも二つの種類が存在することを知っておくと、実際に使用する時に慌てずに済みます。

一つ目は、カードの裏面を表にして挿入するタイプ。この場合は、磁気テープが左側になります。そして二つ目が、カードに貼られた磁気テープ部分をカードリーダーにスライドさせるタイプです。
 

3. 使用言語を選択する

一般的にクレジットカードを挿入した段階では、ATMには現地の言語が表示されている状態です。したがって、ATMの操作画面もしくは操作キーから「LANGUAGE」という文字を見つけて、言語を選択しましょう。

国や銀行によっては「JAPANESE(日本語)」があるので、探してみてください。ちなみにタイのATMにはだいたいあります。
 

4. 暗証番号を入力する

クレジットカードを発行してもらった時に設定したパスワード4桁を入力します。英語による入力時、暗証番号は「PIN」という表示になります。

海外では暗証番号桁が5-6桁の国がありますが、気にせず日本で設定した4桁のパスワードを入力してください。暗証番号を入力したら「ENTER」を押します。
 

5. 取引内容を選択する

取引内容の選択画面が表示されたら、「WITHDRAWAL(引き出し)」のボタン、またはキーを押します。次に「CREDIT(クレジット/キャッシング)」を選択します。

※キャッシュカードやデビットカードでお金を引き出す場合は、「CREDIT(クレジット/キャッシング」ではなく「SAVING(預金)」のボタンを選びます。
 

6. 金額を選択する

引き出したい金額を選択肢の中から選びます。選択肢にない場合は、「OTHERS(その他)」を選択して、希望の金額を入力します。

※海外でキャッシングを利用すると、引き出し前に「現地通貨へコンバージョン(変換)」するかしないかを確認される時があります。

変換すると、ATMを保有する銀行が設定する比較的悪い為替レートで取引されるので、「Without Conversion」を選択するようにしてください。
 

覚えておくと役立つ英単語

  • ACCOUNT ⇒ 口座
  • SAVINGS ⇒ 普通預金
  • PIN ⇒ 暗証番号
  • WITHDRAWAL ⇒ 引き出し
  • CREDIT ⇒ クレジット、キャッシング
  • AMOUNT ⇒ 金額
  • RECEIPT ⇒ レシート、明細書

4. 海外キャッシング利用時に注意すること

海外キャッシング利用時に注意すること

暗証番号を事前に確認しておく

海外のATMでお金をキャッシング(引き出し)する際、本人確認の為に暗証番号(PIN)入力が必要になります。設定した暗証番号が定かではない場合は、旅行前に確認しておきましょう。
 

返済方法を確認しておく

カード会社によって、最初は「一括払い」もしくは「リボ払い」のどちらかが基本設定されています。(一般的なクレジットカードであれば、設定変更可能)海外キャッシングには利息がつくので、一括払いで返済するようにするのがスマートです。
 

事前に限度額を確認しておく

クレジットカードのキャッシング利用額には限度額が設定されているので、事前に確認が必要です。また国によってATMから引き出せる限度額が異なってくるので、こちらについても事前確認が必要です。

それと海外キャッシング引き出し額に応じて、その分ショッピング利用枠が減ることを認識しておきましょう。例えばショッピング枠50万円の所、キャッシング枠で10万円を利用すれば、ショッピング利用枠は40万円となります。したがって余裕を持った限度額に設定しておくことがポイントです。
 

スキミング被害のリスク

スキミングとは、カードの情報を読み取る装置(スキマー)で、他人のクレジットカードやキャッシュカードから情報を抜き取ることを言います。そしてその情報を基にして、偽造カードを作り、現金を不正に引き出される恐れがあります。

出張者や旅行者が主に使用するキャッシュレス決済方法のクレジットカードは、接触型でICチップが埋め込まれております。このICチップ内に保存されているデータは暗号化されているので、スキミング被害に遭いづらいとされています。ぜひICチップが埋め込まれたクレジットカードを利用しましょう。

またクレジットカードは「盗難された場合の補償」が付帯しているものを選んでおくと、いざという時に補償してくれるので助かります。
 

お金やカードの取出しは速やかに

海外のATMで作業を完了したら、速やかにお金とカードを取り出すようにしましょう。というのも防犯上の理由から、カードやお金の取り出しが遅いとそのまま機械に取り込まれてしまうからです。

万が一トラブルが発生した場合、その場に設置されている電話を使って、ATMを管理する銀行に連絡した後、クレジットカード会社にも連絡してください。状況に応じてカードの利用停止などの手続きを進めてくれます。
 

5. 海外キャッシングに適したクレジットカード

海外キャッシングに適したクレジットカード

➤ エポスカードを申し込む

海外キャッシングでクレジットカード作成を検討しているなら、2年目以降も年会費無料、かつ自動で海外旅行保険が付帯されるエポスカード(発行会社:丸井)がお得です。

旅行先のATMで現地通貨をキャッシングできる(引き出せる)だけでなく、万が一スキミング被害にあったとしても、不正使用時の補償をしてくれるので安心です。

➥ 基本情報

➥ 補償内容

 

海外旅行傷害保険が自動で付帯される

クレジットカードに付帯される海外旅行保険は、持っているだけで自動的に付帯される「自動付帯」型と、出国までの公共交通機関の代金や旅行代金をそのクレジットカード払いで支払うことを条件に保険が付帯される「利用付帯」型と2種類あります。

VISA付きのエポスカードなら、海外旅行傷害保険が自動付帯されるので、渡航前の申込や手続きは一切不要です。渡航先で持っているだけで便利なアイテムです。

補償内容は以上の通りで、旅先でのケガやさまざまなトラブルを強力にサポートしてくれます。ご出発前のお届けやお手続きは一切不要の最強クレカです。

※エポスの引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社
 

年会費無料&店頭にて最短即日発行

エポスカードは初年度だけでなく2年目以降もずっと年会費が無料です。さらにマルイの店頭に行けば、最短で即日発行が鹿野です。平日だけでなく、土曜・日曜・祝日も当日発行できます。

ですから突然海外旅行や出張が決まっても、エポスカードであれば最短即日で発行可能です。
 

24時間の日本語サポート体制

24時間の日本語サポート体制

万一、海外旅行中に不慮のケガや事故、病気に見舞われた場合でも、エポスカード海外旅行保険事故受付センター担当者が、24時間いつでも日本語で対応し、以上のサービスを速やかに手配してくれます。
 

旅行先のATMで現地通貨を引き出し可能

空港や駅・繁華街などにある「Visa」「PLUS」マークのあるATMで最大24時間利用できます。夜間のご利用や、混雑している路面のATMは避け、なるべく金融機関に設置されているATMを使うことをオススメします。

VISA付きのエポスカードの支払金額の確定日は、以下の通り二つあります。

【27日払いの場合】毎月6日に確定
(例)1/28 - 2/27ご利用分は、3/6に支払いが確定します。

【4日払いの場合】毎月11日に確定
(例)1/5 – 2/4ご利用分は、2/11に支払いが確定します。

繰上げ返済を検討している方は、なるだけ支払日前にキャッシングを利用することで、利息を最小限にすることが出来ます。

【キャッシュレス派も安心】エポスカードを申し込む

Journal/Diary に戻る

コメントを残す