社長/経営者にふさわしいクロコダイル革財布

社長/経営者にふさわしいクロコダイル革財布

皆さんはプライベートや仕事シーンでふとした時、「この男性、男としての渋さ、深みがあるな」と感じた方はいないでしょうか?

よく吟味してみると彼らは「社長・経営者層」に多く、自分の持ち物にまでしっかりこだわっていて、お洒落で機能性を持ったプロダクトをさりげなく持っていたりします。

普段の生活の中で日常的に利用するお財布もその中の一つで、社長・経営者が持つ財布にはいくつかの共通点がありました。

 

長財布 VS ミニ財布

長財布 VS ミニ財布

結論から申し上げると、各経営者各々自分の支払いスタイルに合ったお財布を選んでいることが共通のポイントであることがわかりました。まずは有名な経営者たちの財布のカタチをまとめてみました。

氏名 肩書 ブランド 長財布 二折り
財布
 マネー
クリップ
ミニ財布
中野晴啓氏

セゾン投信株式会社 社長

GUCCI
出口治明氏 ライフネット生命保険株式会社
代表取締役会長兼CEO
銀座タニザワ
川鍋一朗氏 日本交通株式会社社長 不明
堀江貴文氏 SNS株式会社ファウンダー社長 不明
上田谷真一氏 株式会社バーニーズジャパン
代表取締役社長
BALENCIAGA
渡邉弘幸氏 株式会社向原商事
代表取締役社長
GOYARD
鈴木雄一郎氏 スローウエアジャパン
代表取締役社長
JOHN LOBB
ダニエル・
ダンコ氏
ハンコック 代表取締役 J.CREW
赤間直樹氏 フィーゴ 代表取締役社長 FELISI
三崎 優太氏 株式会社みさきホールディングス
代表取締役
LOUIS VUITTON
ビル・ゲイツ氏 実業家 不明
ウォーレン・
バフェット氏
投資家 不明

統計結果

  • 長財布     5名
  • 二つ折り財布  5名
  • マネークリップ 1名
  • ミニ財布    2名

上記の結果から見ても一目瞭然ですが外国人の長財布使用率はゼロに近い状況となっています。というのも2020年6月に経済産業省の発表によると、多くの先進国ではキャッシュレス決済比率が40%以上であるという統計が出ております。したがって、財布が大きいサイズである必要がないのです。

ちなみに私がタイで借りているコンドミニアム所有者、兼インド料理店のオーナーも二つ折り財布を使用しており、長財布程の収納は必要ないからと説明していました。(PwCが発表したレポート「Global Consumer Insights Survey 2019」によると、2019年タイのキャッシュレス決済比率は67%)

PwCが発表したレポート「Global Consumer Insights Survey 2019



一方で日本はというと現状26.8%のキャッシュレス決済比率だと言われており、他の先進国と比較すると多くの現金を使用せざる得ない、つまり収納力のある長財布の使用率が高いと言えます。

ただし今後の日本では2025年6月までに現状の26.8%のキャッシュレス決済比率を世界水準に近い約40%まで引き上げることを目標として掲げていますし、2025年には大阪・関西万博が開催される年でもあり、将来的には世界の中でも最高水準の80%を目指していくと宣言していることもあり、更にキャッシュレス社会が加速していき、財布に求める収納力も大きく変化していくことは間違いないでしょう。

結論、経営者は特定の財布のカタチを選んでいるわけではなく、自分の支払いスタイルに合ったお財布を選んでいることがわかりました。

併せて読みたい記事 財布の種類・特徴について

 

金運を呼び込む財布

金運を呼び込む財布

前提条件として経営者は日々の努力は欠かしません。なぜなら彼らにとって会社を経営することは家族を養う事と全くと言っていいほど同じことだからです。

その上さらに彼らは運気をも味方につけてしまおうと貪欲です。運気とは皆さんも普段何気なく経験してることで良いことや悪いことが連続して起きることがありませんか?あれは運気が呼び寄せているのです。

では彼らはどのようにして運気を味方につけているのでしょうか?答えは、シンプルです。

「お金がワクワクして戻って来たくなる居心地の良いお財布にすること」

特徴

  1. 整理整頓された財布
  2. 風水と相性の良い革素材を選ぶ


1. 整理整頓された財布

過去に3万人以上のお客様を接客してきたお財布専門コンサルタント草ヶ谷和久氏によると、特に以下のポイントが重要だと述べられています。

  • 顔の向きをそろえる(入りやすく出にくくするので顔を下にするという考え方と、上向きにする考え方とあります。お金は循環させていくことが大切だと信じている草ヶ谷氏は上向き派だそうです。)
  • お財布の中はいつも綺麗に整理して、領収書などはお金と分けて見やすく取り出しやすくする。
  • その他にも不必要なモノを断捨離すること。
     
    

    2. 風水と相性の良い革素材を選ぶ

    財布は風水と密接な関係にあると言われており、特にクロコダイル革財布は金運上昇に期待できる財布、つまりお金にとって居心地の良い財布として知られています。

    というのもクロコダイルは約2トンの噛む力を持っているため、一度咥えたら離さないと考えられている動物で クロコダイル革財布に入ってきたお金は出ていかないという、非常に縁起の良いアイテムとして伝わっています。

    さらに「クロコダイル革」は竹腑と丸腑と呼ばれる柄が綺麗に出ており、見た目から高級感が漂っており、希少価値が高いことで有名です。

    一般的に風水の効果があり、希少価値の高い素材として扱われるクロコダイル革はお金が戻ってきたくなる為に必要な条件を兼ね備えた革として認識されています。ちなみに青汁王子(経営者)こと三崎優太氏はルイヴィトンのヒマラヤクロコダイル財布を使用しております。

    時短を実現する機能性の高い財布

    時短を実現する機能性の高い財布

    あなたにとって「時間」と「お金」はどちらがが大事でしょうか?この記事を読んでいる人は経営者層だと推測しますのでほとんどの方が「時間」と答えるのではないでしょうか?

    ではなぜ「時間」が大事なのか?それは時間が「有限」なものだからです。人生は限られていて、使えば減る一方です。そして、二度と後戻りができません。しかしながら、「お金」は無限なものです。自分の能力次第で「無限」に増やすことが可能です。仮に失ったとしてもまた生み出すことができます。

    「有限」と「無限」のものどちらが大事かは言わずもがなですね。

    以上のことから経営者は「有限」である時間を節約できる機能性のある財布を使っていると言えます。以下に機能性を持った財布の特徴をまとめました。

    特徴

    1. 開くだけで全ての取り出すアクションが可能
    2. コンパクトで携帯性に優れる
    3. 必要なモノだけを収納できる財布
    

    1. 開くだけで全ての取り出すアクションが可能

    こんな経験はないでしょうか?食事の後、尊敬する人がスマートにお財布からさっと支払っている光景にカッコいいなと思ったことは誰しもが経験したことがあるのではないでしょうか?

    これはお会計時の素早いアクションがあなたにカッコいい印象を与えているのです。とくに経営者は従業員やお客様から逐次観察されているものです。そんな時にスマートにお財布から素早く取り出せる仕草が経営者にとって重要なのではないかと考えます。

    とくに財布を開くだけでお札、カード、そして小銭を取り出す全ての動作を行うことが出来る仕様がオススメです。

    

    2. コンパクトで携帯性に優れる

    というのも経営者はよく外出するので手軽に携帯できるコンパクトな財布がとくに海外の経営者から好まれる傾向にあります。

    例えばマーク・ザッカーバーグやジャック・ドーシーなどの経営者たちはウォーキングを定期的に行っていると言います。そうすることで経営者として必要な「創造性」を刺激しているのです。実際にスタンフォード大学の最近の研究によると、屋外で体を動かした後に創造性が著しく高まることが判明しています。

    したがって外出を妨げない携帯性のある財布がオススメです。

    

    3. 必要なモノだけを収納できる財布

    不必要なものが収納できる場合、必要なモノを取り出す際に有限な「時間」を要してしまうからです。したがって「時間」を大切と考える経営者は時短をする為に必要最低限のモノしか財布に収納しないので自ずとコンパクトな財布が好まれます。

     

    最後に

    いかがでしたでしょうか?「社長・経営者層」が持つ財布に共通したポイントを説明してきました。みなさんも同じような視点でお財布を選んでいたでしょうか?また今後お財布を選ぶ際の一助になれば当方も幸せです。

    最後にFirst Reachでは「長財布からミニ財布」まで幅広く扱っており、かつ「金運を呼び込む」クロコダイル革財布を販売しています。それに加えてShakhnozaシリーズでは「時短を実現する機能性の高いデザイン」を取り揃えていますのでぜひ商品一覧にお立ち寄り頂ければと思います。

    【Shakhnozaシリーズ一覧】 https://first-reach.com/collections/minimalism-crocodile-leather

    コメントを残す

    x