クロコダイル革財布と風水|金運・開運上昇

クロコダイル革財布と風水|金運・開運上昇

クロコダイル革財布を検討している人の中でこんな方はいませんか?「会社経営や資産運用を行っており毎日の努力は欠かさない。その上、金運・開運も上昇してくれたら良いなー」

そんな疑問に対して「風水」というテーマに焦点を当てて、3つの視点から記事を書いてみました。多くの経営者は最大限の努力をした後、願掛けやこだわりがあるものです。

(約3分で読めます)

 Contents

クロコダイル革財布は金運アップに最強

クロコダイル革財布は金運アップに最強

財布は風水と密接な関係にあると言われており、特にクロコダイル革財布は、金運上昇に期待できる財布として知られています。

というのも、クロコダイルは約2トンの噛む力を持っているため、一度咥えたら離さないと考えられている動物で クロコダイル革財布に入ってきたお金は出ていかないという、非常に縁起の良いアイテムとして伝わっています。

風水から見て、金運アップにはクロコダイル革が良いとお伝えしましたが、実はワニ革にはクロコダイルの他にもいくつか種類があります。

結論

クロコダイル革を使用した財布が、最も金運アップを期待できます。

 
まず財布に使われるワニ革は、大きく分けると以下の3種類があります。
 

  • クロコダイル

  • アリゲーター

  • カイマン
      

3種類のワニ革の大きな違い、それはそれぞれ柄の出方や表面の風合いが異なります。「クロコダイル革」は竹腑と丸腑と呼ばれる柄が綺麗に出ており、見た目から高級感が漂っており、他よりも希少価値が高いことで有名です。

一般的に風水の効果があり、希少価値の高い素材として扱われるクロコダイル革は、金運上昇の為に必要な条件を兼ね備えた革として認識されています。

 

色から考察する風水

色から考察する風水

次に気になるのが、財布の「色」です。風水的に色はとても重要な要素で、金運・開運がアップする色はいくつかあります。
 

  • 黒(ブラック)

  • 白(ホワイト)

  • 灰(グレー)

  • 茶(ブラウン)

  • 濃紺(ネイビー)

  • 赤(レッド)

  • 紫(パープル)

  • 黄(イエロー)
     

    黒(ブラック)

    「黒」は、安定した収入があり、貯金型タイプの方にオススメの財布です。現在の金運を維持できるお財布になります。人前で財布を使用する場面が多い人にとって持ちやすいカラーだと思います。

    白(ホワイト)

    「白」は、お金の流れを変えたいと思っている方にオススメです。リセット効果があり、浄化作用、貯蓄運をもつ色です。新しく蓄財を始める方に向いています。

    灰(グレー)

    「灰」は、出世運が高まるだけでなく、協調性を表す色から、人間関係を良好にしてくれると言われています。さらに、気持ちを鎮めてくれるリラックス効果もあると言われています。

    茶(ブラウン)

    「茶」は、土の色で金運アップの色です。安定した収入を約束してくれます。また、仕事運、健康運、恋愛運、貯蓄運もあります。浪費しやすい人に向いている色と言われています。

    濃紺(ネイビー)

    「濃紺」は、冷静な判断力のシンボルとされています。成長に関する運気を後押しし、仕事運アップにも効果的と言われています。

    赤(レッド)

    「赤」は、ここぞという時に仕事運や勝負運の効果を発揮します。他にも、周囲を明るくさせ、前向きにしてくれます。

    紫(パープル)

    「紫」は、精神性に訴える神秘の色であり、感性を研ぎ澄ますカラーと言われています。具体的には、落ち着いた思慮深さや集中力UPを期待できます。

    黄(イエロー)

    「黄」は、金色と同等に金運UPの効果が高い色として認知されています。その他にも、喜びや幸せといった意味を持ち、職場内での人間関係や家庭運を良くしてくれます。
      

    金運アップに最適な財布の形状

    金運アップに最適な財布の形状

    最後に、金運アップに最適な財布の形状。「長財布」がオススメです。理由は、風水から見ると財布はお金にとって家となります。つまり人とお金は同じだと考えると、居心地の良い家が好まれる。お金にとって居心地の良い家=居心地の良い財布を選ぶと言われています。

    長財布はお札を入れても折りまがりませんし、枚数もたくさん入ります。お札にとって居心地の良く、広い空間である事から、入ってくる札の枚数も多くなる事が期待できるというわけです。

    ただし一番重要なのは、たくさん収納できることではなく、財布の中を常に整理整頓し綺麗にしておく事が大切なのです。

     
    ブログに戻る

    コメントを残す